FC2ブログ
2015/02/05

最大5万円キャッシュバック!乗り換えでケータイ料金をお得に!

-------------------------------------
いつもブログにご来訪いただきありがとうございます。
今日のテーマは「おとくケータイ 」です!!
-------------------------------------
こんにちは。

今日は子育て世代のケータイの乗り換えについてです。





はじめに


月々のケータイの支払いってなかなかの高額。スマホだと安くても一万円ぐらいは月々かかります。夫婦、子供も持ち始めるとなると数万円単位でかかります。
とても大きな出費です。

かといって携帯電話を手放すわけにもいかないし…。子育てしていると特に必要不可欠ですし、悩みはつきませんよね。




乗り換えの必要性とメリット

MNPが始まってから、携帯電話キャリアの縛りがなくなったことである程度動きやすくなりました。

私もMNPで、長年使ったDOCOMOからauに切り換えました。

切り替えした際に通常の家族割に加えて、切り替え割という割引がついて更にお得になりました。月々2割くらいは削減できたかなと思っています。

携帯電話各社は、他社からのユーザーの奪い合いに躍起になっているので、既存のユーザーには目もくれません。
釣った魚に餌をやらないパターンですね。

これを見てもわかる通り、同じ携帯会社を使い続けている人が一番損をしている んです。なので携帯電話も定期的に見直しすることが必要です。

2年縛りなどの違約金のかからない期間は各社共に一ヶ月程度。タイミングを逃すと損をしてしまいますので、あらかじめcheckしておくことが必要です。


ポイント メールはwebメールにする


また、キャリアメールを使うと乗り換えしにくくなるので、スマホを利用しているのであれば、webメールをメインアドレスにするなどした方が良いです。
知り合いにメールアドレスを教え直す必要がなくなるので。


お得に乗り換える方法

少しでもお得に安く買うなら、ネットで購入することをおすすめします。
なんといってもキャッシュバック額が大きい。最大五万円のキャッシュバックは魅力的ですね。

携帯ショップによって取り扱いのキャリアが異なるので、変えたいキャリアを取り扱いを、予め確認しましょうね。




条件別、各社のお得な窓口

ソフトバンクへの乗り換えは「おとくケータイ.net」がやはりお得。


◆セールスポイント◆
「おとくケータイ.net」はお客様満足度No,1の実績を持つソフトバンク機種取扱の携帯販売サイトです。

WEBサイト上で予約をした後、駅近の全国14箇所にある営業所へ行って手続きを行います。

徹底的にコスト削減を行っているとのことで
ソフトバンク携帯に番号そのまま乗換え(MNP)で業界トップクラス最大50,000円のキャッシュバックが可能とのこと!

もちろんありがちな外部オプションや有料コンテンツへの加入はない。

また予約優先制になっているので、待ち時間はほぼなく契約できる点もありがたい。

<メディア掲載実績>
千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」
Youtubeにて広告出稿中「 ソフトバンクへ乗り換えでキャッシュバック!-おとくケータイ.net」
「日本ネット経済新聞」掲載



ソフトバンクの携帯をネットで購入する場合はこちら。
子供が小さくて出歩けない方などにおすすめ。
業界初!ケータイがWebで買える!SMART PHONE STORE





全国の携帯ショップから、近所のお得なショップを探す場合はこちら。
携帯ショップの情報とお得なキャンペーン情報をお届けする『モバナビ』






更にお得になるかも!SIMフリー端末を選択する

最近、キャリア携帯とは別の携帯電話が出てきているのをご存知でしょうか?

WimaxやWifiを扱っている通信ベンダーがサービス提供している携帯(スマホ)です。

普通に遜色なく使えます。
別にauでもソフトバンクでもない携帯を使いたい方や、とにかく安く使いたいという方、月660円というプランもあるのでこちらもオススメですね。普段、家の無線LANに繋いでいることが多いなら、このプランで十分かもしれませんね。

DMM mobile 通話SIMプラン 1GB





DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!


So-netのSIMフリースマホ
LTE SIM+スマホセット4980






最後に

価格がこなれて来た分、特徴のあるサービスが増えてきましたね。子育て世代は何かとお金がかかるもの。
上手にコストカットして、楽しく子育てしちゃいましょう!


=====================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
=====================================
関連記事

コメント

非公開コメント